外壁塗装で暮らしを守る|頼れるダメージブロッカー

塗料を選ぶ

作業員

外壁塗装と一口に言っても様々な種類があります。種類によっては価格や機能が変わります。それぞれの経済状況や住宅に備えたい機能に合わせて塗料を選びましょう。値段に関しては、単純に金額の多い少ないで決めてはいけません。金額と耐用年数を照らしあわせて決めましょう。金額が安くても耐用年数が短ければ、短いスパンでまた外壁塗装のリフォームを行わなくてはいけなくなります。それではランニングコストが良いとは言えません。値段は少し高くても、耐用年数が長い塗料であれば、ランニングコストに優れています。蕨市の業者は、ランニングコストに優れた塗料を取り揃えています。蕨市の業者などと相談しながらどの塗料を使用するかを決めましょう。

外壁塗装に使われる塗料は具体的にどのような物があるかを知っておきましょう。最も安価で行えるのがアクリル系塗料です。紫外線のダメージ対する耐性が低いという特長があるので、耐久年数はそれほど長くありません。建て替えを控えている場合などの繋ぎとして行なうのであればアクリル系塗料が適しています。耐久性と価格の安さを兼ね備えているのが、ウレタン系塗料です。防水の効果が高いので、様々な場面で活躍します。紫外線に対する耐性が高く、防汚性に長けているのが、シリコン系塗料です。耐用年数は15年前後となっているので、多少値段は高くなりますがコストパフォーマンスは高いです。その他に、光触媒を用いた外壁塗装などもあります。光触媒の塗料は、日光を浴びることで汚れを浮き上がらせるという効果があります。浮き上がらせた汚れは雨などで洗い流されるので、掃除をしなくてもキレイが長持ちします。耐用年数も長いので、コストパフォーマンスにも優れています。このように、多種多様な塗料があります。蕨市の業者に希望を伝えて、満足行く塗料を選びましょう。